寝苦しい夜でも

f:id:bunchosparrow:20200813202752j:plain

夏の夜はぬるくあやしく

危うさをはらんでいるんだよ

無防備なこころでうっかり

お酒なんか買いに行ったら

不意に帰り道を見失っちゃうの


こころを、あの流星群のあたりに置き去りにして

酔った体だけ帰ってくれば

グラスも椅子も奇妙に

昼間の熱を残していた


こころは定規でひいたみたい

迷いのない線のように

夜空を走っている

かける願い事も思いつかぬまま

ただ瞬間瞬間をたのしもう


優しいことばは耳に心地よいね

ぼくの歌が下手だって?

短調なフレーズだって?

失敬だなきみ

そこにこめてる気持ちはいつだって

ほんものなんだよ


夜が優しくありますように

不都合な真実から目を逸らしても

今日のきみがしあわせでありますように

今日のきみがよくねむれていますように